超意識ヒプノセラピー (催眠療法)  & 目覚めのプログラム

「もう一度ペットに会いたい」クローンのペットビジネス

2024/04/08
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Fumiko 心理セラピスト。生きづらさに悩む方たちがトラウマを解放し、本来の自分を取り戻し、最高の自分を表現して生きることができるよう導くナビゲーター。
詳しいプロフィールはこちら

著者プロフィールはこちらからもご覧になれます。

 

こんにちは。

渡辺 富美子です。

~~~~~~~~~

追記です。

第6回全国出版オーディションに

チャレンジしています。

YouTube動画部門に4本アップしました。

以下から、ご視聴できます。

 

「目覚めのセラピー」鳥の視点で眺めると解決の道が見えてくる!

 

「目覚めのセラピー」たった5分で出来るインナーチャイルドの癒し

 

「目覚めのセラピー」超意識瞑想で本当の自分を体感!

 

「目覚めのセラピー」

 

応援ありがとうございます。

 

~~~~~~~~~

 

 

ペットビジネスが繁盛しているのは中国だけではありません。

韓国とアメリカにも犬猫のクローンを作る施設があります。

 

世界中から軍用犬や警察犬のほかに

ペットのクローン作製の依頼が殺到しているそうです。

 

韓国ではクローン犬一匹が1千万円

アメリカでは犬は半分の5百万円

猫なら250万円だそうです。

 

軍用犬や警察犬については

優秀な犬からクローンを作ったほうが

犬を育て訓練するより費用と時間が節約できるそうです。

あくまでコストと効率重視ということですね。

 

ペットのクローン作製については

韓国でクローンを作っている「スアム生命工学研究所」の

所長、ファン博士がこんなコメントをしています。

「クローン技術で人がどれだけ幸せになれるか。

実際に見れば、反対している人のほとんどが意見を変える」と。

 

――――――――――――

 

でも、本当にそうでしょうか。

 

現在の技術で一匹のクローン犬を作るためには

10匹以上の代理母犬が必要であり

卵子を提供する犬はもっと多数必要らしいです。

 

人間の欲と執着のために

動物を犠牲にしてもいいと考えるのは

とんでもない人間中心主義だと思います。

 

「もう一度ペットに会いたい」という番組で

ペットのクローンを望む娘の母親は

「生死は自然のサイクルなのだから

それを尊重するべきだ」と言っていました。

 

母の意見に対し、娘はこう反論していました。

「お母さんは考えが固い。クローン犬だっていいじゃない」

 

この娘はそう言いながらも

捨て犬の収容施設に何時間もかけて通い

餌を届けているのです。

 

彼女の心に葛藤はあるのでしょうが

それでもまだクローン犬に執着しているらしく

収容されている捨て犬の里親になる

というアイディアは浮かばないようです。

 

ペットのクローンを手に入れた人は

そのクローンが死んだらどうするのでしょうか。

さらにそのクローンを作るのでしょうか。

 

――――――――――――

 

何年も一緒に暮らし絆を深めた

愛しいペットとの別れは

耐え難いものでしょう。

 

ペットの死は、家族の死と同様に

人の心に深い喪失感をもたらすことでしょう。

 

それでも、その喪失感は貴重なものかもしれません。

人の心は、喪失から回復、再生という道をたどることができるからです。

 

地球を舞台にした学びの場において

ペットの死を見つめ受け入れることで

得られるものは何でしょう。

・・・・・・・

それは心と魂の成長のチャンスです

 

ペットのクローンに執着している人たちは

そのチャンスを自ら捨てているのだと思います

 

―――――――――――

 

クローンを作る側もクローンを求める側も

金と科学技術の力に振り回されているように見えます。

 

クローン技術はこれからも

人としての道徳も生命倫理も霊的成長も

すべて脇に置いてどんどん進んでいくでしょう。

 

現在、世界各国ではそれぞれ

人についてのクローン規制法を設けているものの

国際的に統一されたものはありません。

 

そして動物のクローンに対しては

世界中で明確な規制はないのが現状です。

 

クローン技術の使用については

国際的に統一された明確な規制法を

早急に作る必要があると思います。

 

関連記事

「ミュウ」と別れ / 悲嘆セラピーはペットロスにも有効です

 

これも思考の現実化 / 猫が我が家にやって来た

 

💛 この人生は宇宙からの贈物

💛 宇宙はいつもあなたを応援しています。

セラピースペースFutureのホームページはこちらをクリックしてください。

 

アメーバブログはこちらをクリックしてください。

インスタグラムはこちらからどうぞ。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Fumiko 心理セラピスト。生きづらさに悩む方たちがトラウマを解放し、本来の自分を取り戻し、最高の自分を表現して生きることができるよう導くナビゲーター。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Copyright© セラピースペースFuture ブログ , 2022 All Rights Reserved.